公的融資の種類

(日本政策金融公庫など)

 日本政策金融公庫(日本公庫)

日本政策金融公庫(日本公庫)とは、一般的に「国金(こっきん)」と呼ばれていた国民生活金融公庫と、中小企業金融公庫、国際協力銀行(国際金融等業務)が統合したものです。株式会社ではありますが、国が作った公的金融機関です。平成20年10月に統合して、現在の日本政策金融公庫となりました。

 日本政策金融公庫は、銀行などがあまり貸してくれないような人に対しても貸してくれるところだということです。銀行などは、不動産などの担保が必要であったり、それまでの銀行取引が必要であったりします。よって、不動産などの担保がなかったり、取引実績のない中小企業や個人事業主などには銀行はあまり貸してくれません。また、新たに独立して開業する人にも銀行はほとんど貸しません。これらの信用力の低い人に対しても、日本公庫は融資について前向きに検討してくれます。そして、公的金融機関なので、利息も一般の銀行よりも低くなっています。

 制度融資

制度融資とは、都道府県や市町村などの地方自治体の資金を銀行等の金融機関に預託することによって、県等が定めた有利な貸付条件で中小企業や個人事業主に融資する制度です。実際の融資は金融機関が行いますが、融資を受けるためには、各地の信用保証協会の保証が必要になります。不動産などの担保や信用が乏しい中小企業等の資金調達を円滑にするものです。つまり、地方自治体、地元の金融機関、保証協会が組んで実行する公的融資の制度です。利息などの補助がある場合は、結果として低利の融資が受けられます。

その他の公的金融機関

 商工組合中央公庫

商工組合中央公庫とは、「商工組合中央金庫法」に基づき、国が中小企業の組合と共に共同出資を行い設立した株式会社である公的金融機関です。一般的には、「商工中金」と呼ばれています。商工中金に出資している中小企業団体とその構成員が融資対象となります。

 沖縄振興開発金融公庫

沖縄振興開発金融公庫とは、沖縄県内に限っての公的融資機関です。融資の対象には、中小企業者だけでなく、農林漁業者、住宅を必要とする者等も含まれます。