信用保証協会その2

 融資までの流れ

信用保証協会の保証を受ける場合は、一般的に次のような流れとなります。

  1. 銀行などの金融機関の窓口で融資申込を行う。
  2. 金融機関は審査後、信用保証協会へ保証を依頼する。
  3. 信用保証協会は審査後、保証書を発行し承諾を行う。
  4. 金融機関が融資を行う。
  5. 債務者は融資の際に保証料を原則として一括にて支払う。

 信用保証料

信用保証料とは、協会が中小企業者からの委託により保証を行う対価です。全返済期間分を一括して徴収するのが原則です。平成18年4月1日より、保証料率は原則として年0.50%〜2.20%の範囲で9段階の料率体系となっています。一般的には、融資実行時に融資金から差し引かれます。詳しくは、申込先の金融機関又は保証協会にお尋ねください。

 保証人と担保

信用保証協会の保証が付くことにより、銀行等の金融機関は安心して貸付が実行できます。何故なら、万一、延滞が発生しても、協会が代位弁済をしてくれるからです。つまり、貸し倒れのリスクがないからです。一方、代位弁済をした協会は、その後、債務者から回収しなければなりません。もし、協会が回収をする際に、担保や保証人がなければ、延滞貸付金の多くが貸し倒れになってしまうでしょう。保証人と担保については、次のような依頼をしているようです。

 各地の保証協会

  信用保証協会は各都道府県に1つ以上あります。各地の協会サイトへのリンクです。

北海道・東北  北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東  東京 神奈川 横浜 川崎 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉
甲信越・北陸  新潟 山梨 長野 富山 石川 福井
東海  愛知 名古屋 岐阜 岐阜市 静岡 三重
近畿  大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国  鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州  福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄